Feature-img

ひざの黒ずみとサヨナラする方法


 ニキビ跡が黒ずんでしまう原因とケア方法

スカートから出ている膝を見て「何だか茶色くくすんでいる」「他の部分と色が違う」と感じたことはありませんか?ひざの黒ずみが目立つと、せっかくのオシャレも台無しになってしまいますよね。多くの女性が悩むひざの黒ずみを解消する方法をお伝えします。

ひざの黒ずみを放置するとどうなるの?

「ひざがくすんでいる」「ひざだけ他の部分と色が違う」これらはひざの黒ずみが原因です。ひざの黒ずみに悩んでいる女性は意外と多いのです。ひざの黒ずみはなぜ発生してしまうのでしょうか?
ひざは立ったり座ったりするたびに非常によく使う場所です。立ち上がる時にひざをついたり、座る時に足を組んだりしてひざが擦れると摩擦が起きてしまいます。このようにしてひざへの刺激を何度も繰り返すことで色素沈着が起き、黒ずみとなってしまうのです。
ひざの黒ずみを放置すると、皮膚が硬くなってしまったり毛穴がブツブツと目立ってしまったりします。黒ずんでごわついたひざは美しくありませんよね。ひざの状態を悪化させないためにも、なるべく早く黒ずみを解消することが必要です。

皮膚を柔らかくしてしっかりと保湿を!

ひざの黒ずみを解消するためにはまず、硬くなってしまった皮膚をやわらかくする必要があります。いつもシャワーだけで済ませているという方はいませんか?たまにはゆっくりと湯船に浸かりましょう。皮膚がやわらかくなったら、スクラブ等で優しくひざをマッサージします。刺激を与えないようそっと行いましょう。お風呂から上がったあとは、しっかりと保湿しましょう。ひざは非常に乾燥しやすい場所ですので、念入りにケアしましょう。
ひざの黒ずみを作らないためには、普段の生活を見直す必要もあります。立ち上がる時によくひざをつく、座る時によく足を組むという方は注意しましょう。ひざに刺激を与えないよう、なるべく擦らないことが大切です。

毎日のケアで徐々に改善する!

ひざの黒ずみは一度のケアで取り除けるものではありません。継続してケアをする必要があります。何もケアをしていないひざは古い角質が溜まり、肌のターンオーバーが崩れてしまった状態です。このままではごわつきやすく、毛穴も開きやすくなってしまいます。毎日お風呂で優しく洗ってしっかりと保湿をすることで、正常なターンオーバーを促してくれます。
毎日のケアを続けることで、ひざの黒ずみは徐々に改善していきます。ひざをついて立つのをやめたりピッタリとしたパンツを控えたりするなど、日頃から膝に刺激を与えないよう心がけましょう。ひざはついケアを怠りがちですが、意外と人から見られている場所です。この機会にひざのお手入れを始めてみましょう。

ニキビ跡